手作り革カバンとガマグチのお店ゴイチです。

ホームアフリカンバティック

アフリカンバティックについて

手作りの鞄屋であるゴイチではアフリカンバティックと、使えば使うほど味の出る革で作った手作りかばんの販売をしております。アフリカンバティック(バーニュ)とは西アフリカ特有のカラフルな柄が入った布を指し、アフリカでは日常的に使用されているものです。こちらではそんなアフリカンバティックについてご紹介したいと思います。

アフリカンバティックの起源

アフリカンバティックはインドネシアのバティックに起源を持ちます。バティックとはろうけつ染めの布のことをいい、インドネシアを植民地として支配したオランダがインドネシアのバティック技術に機械を導入し、その手法がヨーロッパ経由でアフリカに伝わったことからアフリカンバティックが生まれたのです。

アフリカンバティックの魅力

アフリカンバティックの魅力のひとつは日本では見られないような大胆でカラフルな色や柄ではないでしょうか。様々なモチーフを組み合わせたバリエーション豊かな色・柄は見ているだけで元気をもらえます。大胆な色使いですが持ってみると意外とどんなファッションにもマッチし、個性的なファッションを楽しみたいという方にもぴったりです。

広がるアフリカンバティックの人気

現在では、より多彩な染色が可能となりアフリカンバティックは世界的に大きな広がりを見せています。アフリカの風景や日々の暮らしを描いたアフリカンバティックが多く作られ、土産品としても人気を集めているのです。そして、日本でもアフリカンバティックを使ったおしゃれアイテムを扱う専門店をたくさん見かけるようになりました。

ゴイチの手作りかばんの裏地には鮮やかな色と独特の柄のアフリカンバティックを必ず使っています。表は落ち着いた風合いの本革ですが、裏地には少し遊び心がある華やかなアフリカンバティックを使うのがゴイチの鞄の魅力のひとつになっています。のほかにも傘や帽子などアフリカンバティックを主役にした新しいアイテムも次々とご紹介しています。また定期的にゴイチの革カバン展を開き新作を発表しています。がま口などのワークショップも行っていますのでぜひご参加ください。