手作り革カバンとガマグチのお店ゴイチです。

ホーム革の種類について

革の種類について

財布や鞄などに使用されている革ですが、革には様々な種類があります。こちらでは、革の種類についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

牛革は、古くからよく利用されている革素材です。仕上がりが美しく丈夫で、流通量も多いのが特徴です。また、牛革は月齢や性別によって名称が異なり、革の特徴にも違いがあります。

例えば、生後6ヶ月以内の仔牛の革はカーフと呼ばれており、きめ細かく柔らかいのが特徴です。また、生後6ヶ月から2年以内の牛の革はキップと呼ばれており、革に厚みがあり丈夫なのが特徴となっています。他にもステア・カウ・ブルなどがあります。

馬革は全体的に組織が荒いですが、牛革と比べると柔軟性に優れており、椅子張りなどのインテリア製品にもよく用いられます。中でも、コードバンと呼ばれる臀部の革は繊維が緻密で美しいことから、高級素材として重宝されています。

豚革は革の表面に三つずつ並んだ毛穴が全層を貫通していることから、通気性に優れており、鞄の内装や靴の中敷などに使用されることが多いです。また、豚革は摩擦にも強いという特徴があります。スエードに仕上げたピッグスキンなどは肌触りの良さから、高い人気があります。

鹿

鹿革は手触りが良くて柔らかく、耐水性に優れているといった特徴があります。また、鹿革はとても軽く丈夫なため、日本では昔から武具や足袋、衣料など様々なものに使用されていました。鹿革は適度な伸縮性を持っており、年数が経っても革そのものが老化しにくいものとなっています。

手作り鞄のゴイチでは、使えば使うほど味の出る革と、独特の模様と色で表現されたアフリカの布などを使ってひとつひとつ丁寧に作り上げた鞄を販売しております。主に牛革を使用しておりますが、まれに限定品に豚革や馬革を使用することもあります。

また、ゴイチでは手作り鞄教室も行っておりますので、かばん作家によるワークショップに興味のある方は、ぜひご参加ください。お店には販売されていない、自分だけの特別な手作り鞄となることでしょう。