手作り革カバンとガマグチのお店ゴイチです。

ホーム鞄を長く愛用するために

手作りカバンを長く愛用していただくために

ゴイチのカバンはすべてかばん作家による手作りです。天然素材である革の質感を活かすため、必要以上の加工はしておりません。そのため、市販されている鞄屋さんの商品よりも少々繊細です。手作りカバンを長く愛用していただけるよう、お手入れ方法や保管方法についてご紹介します。ぜひ実践していただければと思います。

日常的なお手入れ方法

ご使用後は乾いた柔らかい布で、その日ついたほこりなどを優しく拭き取りましょう。ときにはブラシを使い細かい隙間の汚れをかき出してください。1~3カ月おきに革用の保護クリームなどを塗っていただくことをおすすめします。革に適度な油分や湿度を与えることで汚れや傷から守ってくれます。また、軽いキズや汚れを目立たなくする効果もあります。ただクリームを塗ることで、色が多少濃くなったりシミになることもありますので、お使いの際は目立たないところで試してからお使いください。

雨で濡れてしまったときは

基本的には雨に濡れないようにすることが重要です。それでも雨で濡れてしまったときは、早急に水気を拭き取るようにしてください。濡れたまま放置するとまだらなシミが残る恐れがあります。拭き取ったあとは、型崩れしないよう中に新聞紙を詰めて形を整え、風通しの良い日陰で十分に自然乾燥させましょう。早く乾かそうとドライヤーなどを使用すると、硬化や変質に繋がる恐れがあるため使用は避けるようにしてください。

保管方法

バッグを長期間保管するときは、袋に入れたり布にくるんだりして汚れの付着を防ぎ、風通しの良い涼しい場所で保管するようにしてください。袋や布は通気性の良い素材を選びましょう。また上記同様新聞紙を詰めて形を整えるほか、湿気によるカビを防ぐため乾燥剤を入れておくとなお良いです。しかしながら入れっぱなしにして乾燥し過ぎるのも良くないため、時々は袋から出して風に当てるようにしてください。

手作りカバンのお店、ゴイチのカバンは使うほどに味の出る革と独特の模様と色で表現されたアフリカの布を使い、ひとつひとつ手作りで仕上げています。ポイントには手縫いのステッチを入れたりと手作りならではのこだわりのデザインが多く大量には作れないことから限定品や1点ものの商品もございます。 また手にとって見てみたい方には定期的に展示会や個展も行っていますので、機会があればぜひ遊びにいらしてください。